看護師と違うの?

看護師と違うの?

看護師と、介護職員初任者研修はよく比べられることがありますが、この介護職員初任者研修では、昔の名前、ホームヘルパー資格で比較すると、看護師、准看護師では、すでにホームヘルパー1級と同等の扱いとなります。

 

もちろん看護師は、専門学校や大学で、しっかり学び、都道府県知事資格、そして国家資格を持っている医療、介護のプロですから、この同等の知識、資格をもつと見なされても当然でしょう。

 

ただ、介護職員初任者研修の場合は、在宅と施設の両方の介護現場で必要となる知識と技術を身に付けることが中心なので、患者の介護だけではなく医療の幅広い知識を身につけている看護師とは、フォーカスする部分が違っていても当然です。

 

もちろん医療知識や資格は持っているに越したことはないですし、現場に入って、実地で取り組んでいくうちに沢山身に付いてくることでしょう。でも、なにごとも基本を疎かにすることはできませんし、資格はごくごく基本的なことしか学びません。その点では、看護師も介護職員初任者研修も、資格を取得したらおしまいではなく、むしろそこからがスタートであることは間違いありません。

 

基本的なことを疎かにしないで、そこからどんどん仕事内容を把握し、どんな事でもどん欲に吸収することが大事です。