資格をとるのはムズカシイ?

資格をとるのはムズカシイ?

確かに、どんな資格でも簡単に取得できるものは少ないもの。勉強のレベルもそうですが、特に学生のうちはまだしも、社会人になるとその勉強時間、研修に参加する時間を作るのがとても難しいからです。

 

介護職というのも、多少の誤解があり、資格など必要ないのでは、また簡単に取得できるのでは、と思って安易に挑戦する人もいます。

 

この介護職員初任者研修は、もともとホームヘルパー2級と呼ばれていたもので、平成25年度からこの名前になりました。だからまだ資格データー自体は少ないです。でも、基本的にホームヘルパー2級は、筆記や実技試験などはなく、養成研修に参加すること、また通信のカリキュラムを終了することで取得できましたが、この介護職員初任者研修になってから、筆記試験が必須となりました。ただ、ホームヘルパーのように、実地研修が逆になくなり、実技演習に変えられています。

 

介護職員初任者研修は、試験に合格し、演習を修了すれば資格を手にすることができますし、介護業界に参入するもっとも確実な方法とはいっても、それは医療現場で働ける最初の段階に過ぎません。だからこそ、自主的に勉強し、現場で学べることをどんどん吸収して、自ら立派な人材になっていきましょう。